通常商品 一覧

種別 時代 鑑定書
無銘(同田貫正國)(肥後)(西海道) 安土桃山 保存刀剣 標準品

本造り庵棟 磨上茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り、淡く白気映り立つ。刃紋は湾れに互の目、小互の目、小丁字、尖り刃交じる。匂い口やや深めに沸、小沸よくつく。二重刃、湯走りかかり、小足、葉盛んに働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。本名は小山左馬介。初銘を國勝と切りのち正國と改む。同田貫上野介。業物。黒呂塗鞘打刀拵付き。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
渡島国住人泰国造之 昭和十九年五月日 (北海道) 昭和初期 貴重 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は広直刃浅く湾れて小互の目交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。細かな小足、葉よく働く。金筋、砂流しかかり匂い口沈み心に明るく冴える。本名は竹下猛。元陸軍受命刀匠。陸軍軍刀技術奨励会入選。黒呂塗鞘打刀拵入り。(貴重刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 無銘(越前関) (越前)(北陸道) 江戸前期 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、白気映り立つ。刃紋は湾れに互の目、小丁字、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。飛び焼かかり、足、葉よく働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。桐図蒔絵鞘打刀拵入り。(刀剣杉田)

種別 時代 鑑定書
短刀 寿長(山浦眞雄) (信濃)(東山道) 江戸後期 特別保存刀剣 優品

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目交じる。匂い深く沸、小沸よくつく。湯走り、二重刃かかり、沸足、葉よく働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく見事に冴える。本名は山浦昇。山浦清麿の兄。水心子秀世の門、のちに河村寿隆の門。松代藩工。本阿弥日洲の鞘書には松代真田家伝来と記されております。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
短刀 宗秀(新潟) 昭和初期 保存刀剣 標準品

平造り庵棟 うぶ茎 大板目肌、ザングリと肌立ち、よく練れよく詰む。地沸微塵につき、地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。金筋、砂流しかかり、匂い口やや沈み心に明るく冴える。本名は山上若吉。刈羽郡西山町住。朱塗鞘合口拵入り。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
摂津住源宗吉 (摂津)(五畿) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。刃紋は湾れに互の目、大房の丁字交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。足、葉盛んに働き、金筋、砂流しよくかかる。匂い口明るく冴える。常陸守宗重の門。朱塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
無銘(兼先) (美濃)(東山道) 室町末期 保存刀剣 標準品

本造り庵棟 磨上茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ白気風の映り立つ。刃紋は尖り互の目乱れ、丁字交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。湯走りかかり足、葉盛んに働く。金筋、砂流し頻りにかかり明るく冴える。末関。古刀末期。 黒呂塗鞘打刀拵付き。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
濃州関住兼舎(岐阜) 昭和初期 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り刃交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。飛び焼きかかり、足、葉よく働く。金筋、砂流しかかり、明るく冴える。関の軍刀鍛冶。黒呂塗鞘打刀拵入り。

種別 時代 鑑定書
無銘(愛知8870号) 昭和初期 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 大板目肌、杢交じりザングリと肌立ちよく練れ詰む。地沸厚くつき、細かな地景よく入り、淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り互の目交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。湯走りかかり、小足、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。大板目肌が見事です。海軍軍刀拵入り。

種別 時代 鑑定書
脇差 東都住人義光作之 (大野義光) 平成三十一年春吉日 (東京) 平成三十一年 当店の保証 特優品

平造り三ツ棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じり見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り乱れ映り鮮明に立つ。刃紋は互の目丁字乱れ、丁字の頭が逆がかり華やか。飛び焼きかかり、匂い足、葉盛んに働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく見事に冴える。本名は吉川三男。義原義人門人。備前伝の第一人者。現代刀工屈指の名工。無鑑査。

種別 時代 鑑定書
脇差 近江守高木住助直 (摂津)(五畿) 江戸中期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりやや肌立ち心によく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに大互の目、飛び焼きかかり涛乱風に乱れる。匂い深めに沸、小沸よくつく。湯走りかかり沸、足、葉働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく見事に冴える。助広の妹婿。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 無銘(末三原) (備後)(山陽道) 室町後期 保存刀剣 標準品

本造り庵棟 磨上茎 板目肌、杢交じりよく練れ詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は細直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。僅かに葉働き、刃縁に細かな金筋絡む。砂流しかかり明るく冴える。末古刀の三原物。黒笛巻鞘脇差拵入り。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 無銘(新刀関) (美濃)(東山道) 江戸前期 当店の保証 標準品

本造り庵棟 磨上茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ、淡く白気映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと沸、小沸つく。湯走りかかり、足、葉働く。金筋、砂流しよくかかり明るく冴える。新刀期の美濃物黒呂塗鞘脇差拵入り。(刀剣杉田)

種別 時代 鑑定書
短刀 俊平(群馬) (大隅俊平) 応〇〇需 昭和六十二年一月吉日 昭和六十二年 当店の保証 優品

平造り三ツ棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。細かな小足、葉働き、刃中金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。本名は大隅貞男。宮入昭平門。紫綬褒章、旭日中綬章受章。直刃の名手。(人間国宝)

種別 時代 鑑定書
短刀 兼辻(美濃)(東山道) 室町後期 保存刀剣 標準品

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景よく入り、淡く白気映り立つ。刃紋は細直刃、浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。刃縁ほつれ僅かに小足、葉働く。刃縁に細かな金筋絡み、僅かに砂流しかかり明るく冴える。末関末期の刀工。業物。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
丹州福知山住村岡重次 嘉永辛亥年八月日 (丹波)(山陰道) 江戸後期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く白気風の映り立つ。刃紋は中直刃、淡く湾れて小乱れ交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。刃縁ほつれ二重刃かかり小足、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。本名は村岡新助。陸奥大掾源重栄の門。焦茶梨地塗家紋蒔絵鞘糸巻太刀拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
備州長船祐定作(備前) 永正十一年二月日 (山陽道) 室町後期 保存刀剣 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り乱れ映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り飛び焼かかり、足、葉盛んに働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。永正頃の祐定は末備前の全盛期に当たり与三左衛門を始めその父彦兵衛などが活躍していました。青貝微塵塗鞘打刀拵付き。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
竹内兼正(愛知) 昭和初期 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ、淡く白気映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。足、葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。本名は竹内兼三郎。元陸軍受命刀匠。陸軍軍刀技術奨励会入選。黒呂塗鞘打刀拵入り。

種別 時代 鑑定書
直次(国不明) 昭和初期 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は互の目乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。小足、葉働き、僅かに金筋、砂流しかかり明るく冴える。黒呂塗鞘打刀拵入り。

種別 時代 鑑定書
脇差 (菊紋)丹波守吉道 寛文ニニ年二月吉日 (山城)(畿内) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目交じり、沸筋幾重にも連なり簾状となる。匂い深めによく沸づく。沸足、葉盛んに働き、金筋、砂流し頻りにかかる。匂い口明るく冴える。本名は三品徳左衛門。京三代。三品一派。短命のため作品少ない。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 丹州住大道藤原安輝(丹波)於宮津以南蠻鉄鍛之(山陰道) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、ゆったりと流れ、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り、淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。飛び焼きかかり足、葉働く。金筋、砂流しよくかかり匂い口明るく冴える。本国美濃。室屋関。大道の末。丹後、三河にても打つ。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
短刀 俊秀謹作(北海道) 紀元二千六百年八月日 (堀井俊秀) 昭和十五年 保存刀剣 優品

平造り三ツ棟 うぶ茎 柾目肌、小板目交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く沸映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて刃縁ほつれる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁に細かな金筋よく絡み、砂流しかかる。匂い口締まり心に明るく冴える。本名は堀井兼吉。志賀太郎と号す。堀井胤明の門。昭和前半期を代表する鍛冶の一人です。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
無銘(古青江)(備中) (山陽道) 鎌倉中期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 磨上茎 小板目肌、小杢目交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、小糠状の肌となり、地班映り鮮明立つ。刃紋は湾れに互の目、小互の目、小丁字交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。小足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかる。匂い口沈み心に明るく見事に冴える。平安時代末期から鎌倉時代中期にかけて備中の国青江に住した刀工集団を古青江と称し、いずれ劣らぬ名工ぞろいです。黒呂塗鞘打刀拵(天正拵写)付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
肥前国大和大掾藤原兼廣(肥前)(西海道) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じり小糠状によく詰む。(地鉄精美)地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く沸映り立つ。刃紋は広直調子、浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。小足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく見事に冴える。本名は橋本六郎左衛門。肥前國広の子。業物。黒呂塗鞘打刀拵付き。初代の兼廣は希少です。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
得印源家久(美濃) (東山道) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 僅かに区送り 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く白気風の映り立つ。刃紋は広直調子浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁ほつれ喰い違い刃かかる。小足、葉よく働き、刃縁に金筋頻りに絡む。砂流しかかり、明るく冴える。表裏に二筋樋の彫刻。孫四郎。前名兼久。美濃関得印派。黒呂塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
濃州住浅野兼真作之  (刻印)(岐阜) 昭和初期 当店の保証 優品

本造り庵棟 うぶ茎。 小板目肌杢、交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景よく入り、淡く映り立つ。刃紋は湾れに小互の目、小丁子、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。足盛んに入り、葉働く。金筋、砂流しかかり、明るく冴える。小島兼道門下屈指の刀工。元陸軍受命刀匠。黒石目塗鞘打刀拵入り。出来良し。

種別 時代 鑑定書
関兼宗作(岐阜) 昭和初期 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕れ、淡く白気風の移り立つ。刃紋は尖り互の目、三本杉風に乱れる。匂い口ややフックラと小沸つく。金筋、砂流しかかる。僅かに足、葉働き、明るく冴える。本名福本小市。元陸軍受命刀匠。黒茶叩塗鞘打刀拵入り。

種別 時代 鑑定書
脇差 横山上野大掾藤原祐定 備州長船住人 (備前)(山陽道) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。飛び焼かかり、匂い足、葉働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。本名横山平兵衛。七兵衛祐定の子。新刀祐定中の上手。黒石目塗鞘脇差拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 青木近江介清秀(筑後) 弘化二年二月日 (西海道) 江戸後期 特別保存刀剣 優品

平造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻 本名青木清兵衛。加賀介清広の子。青木清煕門人。山城にても打つ。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 長州住二王清景(長門) (山陽道) 江戸中期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。匂い足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。周防二王派は室町末期迄ですがそれより分派した長門二王派は江戸時代迄続きます。清景もその一人です。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 弘光作(松村近江介) (武蔵)(東海道) 江戸末期 保存刀剣 標準品

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりやや肌立ち心によく詰む。地沸微塵につき、地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁ほつれ二重刃かかり、小足、葉働く。金筋、砂流しかかり、明るく冴える。江戸市ヶ谷佐門住。(現四谷左門町)腰刻焦茶石目塗鞘脇差拵付き。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
短刀 杉田善昭作(山口) 平成十五年八月日 平成十五年 保存刀剣 優品

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景よく入り、淡く乱れ映り立つ。刃紋は互の目丁字乱れ、逆がかり、尖り刃交じる。匂い口フックラと締まり心が混在し、沸、小沸よくつく。湯走りかかり匂い足、葉盛んに働く。金筋、砂流しよくかかり、匂い口明るく冴える。本名杉田昭二。川島忠善の門。玄門之会会員。ずぶ焼の名手。入賞多数。本作も裸焼ですがよくコントロールされています。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
短刀 武州住國武(武蔵) 慶應元年八月日 (東海道) 江戸末期 特別保存刀剣 優品

鵜の首造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じり、肌立ち心によく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く白気映り立つ。刃紋は広直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口やや深めに沸よくつく。刃縁ほつれ細かな小足、葉働く。金筋、砂流しかかり、匂い口沈み心に明るく冴える。幕末。竹中邦彦門と思われます。黒呂塗鞘合口拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
短刀 寿命(美濃)(東山道) 江戸後期 保存刀剣 標準品

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く白気風の映り立つ。刃紋は互の目乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。匂い足、葉働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。石切寿命。在銘です。出鮫金散塗鞘合口拵付き。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
短刀 無銘(大束秀次) (北海道) 大正昭和時代 特別貴重 標準品

平造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は中直刃、浅く湾れて、僅かに小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁に細かな金筋よく絡み、匂い口明るく冴える。本名大束周次。元陸軍受命刀匠。陸軍軍刀技術奨励会入選。國工院会員名誉宗匠保存協会金牌。文部大臣賞。堀井俊秀の門。(特別貴重刀剣)

種別 時代 鑑定書
伯耆守藤原汎隆(越前) 越前住以南蛮鉄鐡三色作之(北陸道) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりやや肌立ち心によく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く沸映り立つ。刃紋は互の目丁字乱れ、尖り心の刃交じり焼き高く華やか。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り、飛び焼かかり、沸足、葉よく働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく冴える。表裏に二筋樋の彫刻。越前関。道本兼植の門。蒲穂散塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
藤原行長(平高田)(豊後) 安土桃山 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりやや肌立ち心によく練れ詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、乱れ映り鮮明に立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。平高田。豊後行平の末という。出来良し。黒呂塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
備後国住正則作(備後) 文久三年二月吉日 (山陽道) 江戸末期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて刃縁ほつれる。匂い口締まり心に小沸よくつく。刃中僅かに小足、葉働き、刃縁に細かな金筋よく絡む。匂い口締まり明るく冴える。出来良し。備後國三原住。黒呂塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
肥後菊池住源盛龍 昭和四十八年二月吉日 以菊池川砂鉄自家製鋼鍛之(熊本) 昭和四十八年 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。刃紋は広直刃、浅く湾れて互の目交じる。匂い口やや深めに小沸よくつく。小足、葉盛んに働き、金筋、砂流しよくかかる。匂い口やや沈み心に明るく冴える。本名は大塚惟義。大塚惟忠の師。黒呂塗鞘打刀拵付き。

種別 時代 鑑定書
加賀守貞廣(摂津) 越前住 (五畿) 江戸中期 保存刀剣 標準品

本造り庵棟 僅か磨上 小板目肌、杢交じりやや肌立ちよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は互の目丁字乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。匂い足、葉よく働き、金筋、砂流しかかる。匂い口沈み心に明るく冴える。本国越前。越前下坂一派。焦茶色塗鞘打刀拵付き(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
昭和十九年八月 関住武山義尚作(岐阜) 昭和十九年 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌よく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ白気映り立つ。刃紋は湾れに小互の目、小丁字交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。足盛んに入り、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。本名。武山勲。元陸軍受命刀匠。陸軍軍刀技術奨励会入選。黒呂塗鞘打刀拵入り。

種別 時代 鑑定書
三陽真弓山麓住藤原一則作之(愛知) 皇紀二千六百三年十一月吉辰 昭和十八年 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ淡く白気映り立つ。刃紋は湾れに互の目乱れ、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。小足、葉働き、金筋、砂流しかかる。匂い口沈み心に冴える。本名は中野錬治。二代広三郎一則の子。先祖は信州飯田藩工で運寿是一門人の一則という。黒呂塗鞘打刀拵入り。

種別 時代 鑑定書
脇差 和泉守藤原國貞 (眞改代銘) (摂津)(五畿) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌見事に詰み、地沸微塵に厚くつく。細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字交じる。匂い口フックラと沸、小沸よくつく。沸足、葉盛んに働き、金筋、砂流し頻りにかかる。匂い口明るく見事に冴える。本名は井上良広 堀川国広門人。入道して道和と号す。井上真改の父。大業物。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 重秀(肥前) 安政三春 (西海道) 江戸末期 特別保存刀剣 優品

冠落し造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く乱れ映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るくよく冴える。本名は林多門。大村藩士。大慶直胤門人。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 越中住藤原清光(越中) (北陸道) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌柾交じりやや肌立ちよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は中直刃、浅く湾れる。匂い口締まり心に小沸よくつく。刃縁ほつれ僅かに葉働く。刃縁に細かな金筋絡み、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。弥六兵衛。富山住。小四郎重清の子。越中清光の中で一番の上手。業物。黒呂塗鞘脇差拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 兼元(美濃)(東山道) 室町末期 保存刀剣 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく練れ詰む。地沸微塵につき、細かな地景よく入り淡く白気映り立つ。刃紋は湾れに丁字、尖り互の目、三本杉風に乱れる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。足、葉盛んに働き、金筋、砂流し頻りにかかる。匂い口やや沈み心に明るく冴える。赤坂関。末古刀。黒呂塗鞘脇差拵付き。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 無銘(伝尾張関) (尾張)(東海道) 江戸前期 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。喰い違い刃かかり、足、葉盛んに働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。傷みも無く出来の良い綺麗な刀です。黒叩塗鞘脇差拵入り。(刀剣杉田)

種別 時代 鑑定書
短刀 無銘(新々刀海部) (阿波)(南海道)    幕末 保存刀剣 標準品

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。僅かに足、葉働き、金筋、砂流しかかり、明るく冴える。身巾、重ね頃合いの姿の良い短刀です。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
大和大掾藤原正則 (越前)(北陸道) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく練れややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入る。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、足、葉盛んに働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく見事に冴える。表に梵字に蓮台に爪、裏に独鈷剣の彫刻。山田氏。三条吉則の末。本国は丹後宮津。越前福井に移住して越前兼法の門人となる。出来、彫物見事 良業物。黒呂塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
備中國水田住國重作 (備中)(山陽道) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じる。匂い口深めに沸、小沸よくつく。小足、葉働き金筋、砂流し頻りにかかる。匂い口明るく明るく冴える。黒呂塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
信濃国住宮入清平作之 (長野)為〇〇〇〇君 昭和乙酉年八月日 昭和四十四年 当店の保証 優品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。飛び焼かかり、匂い足、葉盛んに働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく冴える。本名宮入栄三。宮入昭平の弟。入賞多数。身巾広く大切先で豪壮。黒呂塗鞘打刀拵付き。

種別 時代 鑑定書
大和大掾藤原貞行 (豊後)(西海道) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりやや肌立ち心によく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。刃紋は広直刃、浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁ほつれ、足、葉働く。金筋、砂流しかかり匂い口明るく冴える。豊後高田。大和守受領。一見近江大掾忠広に見える出来です。黒呂塗鞘打刀拵付き。

種別 時代 鑑定書
居合刀 肥後國住赤松太郎兼裕作(熊本)乙卯年二月吉日 昭和五十年 当店の保証 優品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。刃紋は互の目丁字乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。匂い足、葉盛んに働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。本名木村馨。父木村兼重の門。備前伝の上手。黒呂塗鞘打刀拵入り。(1050g)

種別 時代 鑑定書
居合刀 出雲國住貞法作之(島根) 平成十五年九月日 平成十五年 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く映り立つ。刃紋は互の目丁字乱れ、尖り刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉盛んに働き、金筋、砂流し頻りにかかる。匂い口明るく冴える。本名小林貞俊、小林大四郎の子。遠藤永光の門。黒呂塗鞘打刀拵入り。(1200g)

種別 時代 鑑定書
居合刀 荘田正房(岐阜) 昭和五十四年八月吉日 昭和五十四年 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り刃交じる。匂い口フックラと沸、小沸つく。沸足、葉働き、金筋、砂流しかかる。匂い口沈み心に冴える。表裏に棒樋の彫刻。本名荘田喜七。羽山正貫の門のち二十三代兼房に入門。元陸軍受命刀匠。黒呂塗鞘打刀拵入り。(975g)

種別 時代 鑑定書
近江守藤原継平 (武蔵)(東海道) 江戸中期 保存刀剣 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景よく入り白気風の映り立つ。刃紋は互の目乱れ尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。湯走り、飛び焼きかかり、足、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。二代。本名藤田与衛門。江戸神田住。業物。黒呂塗鞘打刀拵付き。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
無銘(岩捲) (美濃)(東山道) 室町末期 保存刀剣 標準品

本造り庵棟 磨上茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、地景よく入り淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。匂い足入り葉働く。金筋、砂流しかかり、明るく冴える。寿命の末流。岩捲鍛冶。末古。黒呂塗鞘打刀拵付き。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
長光(一流子長光)(岡山) 昭和初期 保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりやや肌立ち心によく詰む。地沸微塵につき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。小足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。市原長光。元陸軍受命刀匠。陸軍軍刀技術奨励会入選。通称監獄長光の入念作です。黒呂塗鞘打刀拵付き。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
濃州関住二十三代藤原兼房作之(岐阜) 昭和初期 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく練れ詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。足、葉働き、頻りに金筋かかる。砂流しかかり、匂い口明るく冴える。本名加藤鉀一。加藤善之助寿命の門。國工院名誉会員権大宗匠、陸軍軍刀拵入り。

種別 時代 鑑定書
脇差 為秦貞國姓之以正秀鍛贈之(刻印)(水心子正秀) 文化十年八月日 (武蔵)(東海道) 江戸後期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く映り立つ。刃紋は湾れに小丁字乱れに互の目交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。飛び焼かかり、足、葉盛んに働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。本名川部儀八郎。秋元家臣。四代国包門人。武蔵丸吉英、十代相州綱広にも学ぶ。新々刀の開創者。門人に大慶直胤、細川正義等多数の逸材を排出。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 (菊紋)丹波守吉道(京四代)(山城)(五畿) 江戸後期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 僅か磨上 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、二重刃、三重刃交え廉状となる。匂い口やや深めに沸、小沸よくつく。足、葉盛んに働き、金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく冴える。京四代。本名三品吉之丞。業物。見事な簾刃です。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
賀州住兼若(二代) (加賀) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く映り立つ。刃紋は湾れに尖り互の目交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走りかかり小足、葉よく働く。砂流しかかり匂い口明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。本名辻村又助。初代兼若三男。長兄の景平の養子となり、二代兼若を襲名。業物。黒呂塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
兼延(志賀関) (美濃)(東山道) 室町後期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく練れ詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く白気映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁よくほつれ小足、葉よく働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。塗鞘打刀拵付き。室屋関の祖兼在の子と伝えられている。濃州小山で鍛刀のち尾州志賀に移り志賀関関と呼ばれている。大業物。青貝微塵塗雨龍蒔絵打刀拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
武蔵國住松原源英一作 昭和甲子年二月日 (埼玉) 昭和五十九年 当店の保証 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。湯走り、飛び焼かかり、足、葉盛んに働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく冴える。表裏に二筋樋の彫刻。本名松原英一。四代直弘。三代直弘(柳川昌喜)門。初代直弘は水心子系。青貝散塗鞘打刀拵付き。

種別 時代 鑑定書
居合刀 雲州住貞善作(島根) 昭和中期 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。僅かに小足、葉働き、金筋、砂流しかかり、明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。本名小林大四郎。月山貞一、川島忠善の門。黒石目塗鞘打刀拵入り。(915g)

種別 時代 鑑定書
無銘(波平) (薩摩)(西海道) 室町中期 保存刀剣 標準品

本造り庵棟 磨上茎 板目肌、柾交じりよく練れやや大肌顕わる。地沸微塵につき細かな地景顕われ白気映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口締まり心に小沸つく。刃縁ほつれ小足、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。波平一派。この一派は、平安時代後期から新刀期迄続く。黒石目塗鞘略太刀拵付き。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
居合刀 濃州関住藤原兼房兼氏作(岐阜)昭和壬戌年吉日 昭和五十七年 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに小互の目、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。小足、葉働き、金筋、砂流しかかり、明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。二十四代、二十五代兼房の親子合作。本名は、加藤孝雄。実親子。黒呂塗鞘打刀拵入り。(930g)

種別 時代 鑑定書
関吉田兼氏作(岐阜) 昭和初期 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は尖り互の目、三本杉風に乱れる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。匂い足入り、葉働く。金筋、砂流しかかり、明るく冴える。本名吉田鈴市。関の軍刀鍛冶。黒呂塗鞘打刀拵入り。

種別 時代 鑑定書
脇差 無銘(伝義景) (備前)(山陽道) 鎌倉末期 重要刀剣 特優品

本造り庵棟 大磨上茎 板目肌、小杢目交じりよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、小互の目、小丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。小足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかる。匂い口沈み心に明るく冴える。表裏に腰に鎬樋の彫刻。長船景光の子。長船近景の門人。大業物。☆☆第31回重要刀剣☆☆

種別 時代 鑑定書
脇差 肥前國忠吉(八代) (肥前)(西海道) 江戸後期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、小杢目交じり米糠状によく詰む。地鉄精美。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は広直刃、浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。本名橋本新左衛門。古川与兵衛道弘の次男で七代忠吉の養子となる。黒呂塗鞘脇差拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 無銘(末手掻) (大和)(五畿) 室町末期 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、白気風の映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて、小乱れ交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。刃縁ほつれ僅かに小足、葉働く。金筋、砂流しかかり、明るく冴える。末古刀。黒呂塗鞘脇差拵入り。(刀剣杉田)

種別 時代 鑑定書
短刀 長嶌義勝 (常陸)(東海道) 江戸末期 保存刀剣 標準品

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。刃紋は互の目、丁字乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口やや深めに沸よくつく。湯走りかかり、沸足、葉盛んに働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口やや沈み心に明るく冴える。本名長嶋義勝。中山一貫斎義弘の子。勝村徳勝門人、のち養子となる。出鮫黒叩塗鞘合口拵入り。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
短刀 於東都赤間綱信 文政十一年二月吉日 (武蔵)(東海道) 江戸後期 保存刀剣 優品

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉よく働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。本名赤間喜三郎。加藤綱英門人。羽州米澤住。のち江戸にて打つ。鎧通し。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
短刀 無銘(新々刀海部) (阿波)(南海道) 江戸末期 当店の保証 標準品

冠落し造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりやや肌立ち詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。飛び焼き、湯走りかかり、僅かに小足、葉働く。金筋、砂流しかかり、明るく冴える。表裏に腰樋の彫刻。朱茶桜皮模様塗鞘合口拵入り。重ねの厚いガッシリした姿です。(刀剣杉田)

種別 時代 鑑定書
粟田口近江守忠綱 延宝五丁巳十二月十三日二ツ胴切落 (一竿子忠綱) (摂津)(五畿) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字刃交じる。匂い深く、沸、小沸よくつく。沸足、葉盛んに働き、金筋、砂流し頻りにかかる。匂い口明るく見事に冴える。浅井万太夫。二代忠綱。合勝軒、一竿子と号す。良業物。黒呂塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
無銘(千代鶴守弘) (越前)(北陸道) 南北朝時代 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 磨上茎 板目肌、杢交じりよく練れ詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。刃紋は広直調子、互の目、小互の目、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。小足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかる。匂い口沈み心に明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。 越前千代鶴。來國安の子。加茂二郎と号す。黒呂金散塗鞘略太刀拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
豫州住橘宗廣作(愛媛) 昭和乙丑年正月吉日 昭和六十年 当店の保証 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。匂い足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。表裏に二筋樋の彫刻。鳥生拡。父熊太郎宗廣の門。黒呂塗鞘打刀拵付き。

種別 時代 鑑定書
居合刀 北越住千里昭久(新潟) 昭和五十六年二月日 昭和五十六年 当店の保証 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに小互の目、丁字、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。匂い足盛んに入り、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。山上重次。笠間一貫斎繁継門。陸軍受命刀匠。陸軍軍刀技術奨励会会長賞。鮫皮研出鞘打刀拵入。(990g)

種別 時代 鑑定書
居合刀 豊久作(岡山) 丙辰年二月日 昭和五十一年 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。青木豊。盛家の前銘。隅谷正峯の門。暗朱塗鞘打刀拵入り。(830g)

種別 時代 鑑定書
武州住石堂秦守久 (武蔵)(東海道) 江戸前期 保存刀剣 標準品

本造り庵棟 磨上茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く映り立つ。刃紋は細直刃、浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。刃縁ほつれ僅かに小足、葉働く。僅かに金筋、砂流しかかり明るく冴える。石堂八左衛門。江戸石堂。本国美濃。入道して東連と改める。黒呂塗鞘打刀拵付き。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
居合刀 宮城典真作(宮城) 平成廿三年十月日 平成二十三年 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目交じる。匂い口ややフックラと沸、小沸つく。湯走りかかり、二重刃、喰い違い刃かかる。足、葉働き、金筋、砂流しかかり、明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。宮城正年。父宮城昭守の門。宮入一門会会員。鮫皮研出鞘打刀拵入り。(980g)

種別 時代 鑑定書
英一文字(岐阜) 昭和初期 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌よく詰み、地沸厚くつく。細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は小互の目乱れ、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。小足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかり、明るく冴える。関の軍刀鍛冶と思われます。黒呂模様塗鞘打刀拵入り。

種別 時代 鑑定書
脇差 薩陽士奥元安 文政十亥春 (薩摩)(西海道) 江戸後期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口深めによく沸づく。湯走りかかり、沸足、葉盛んに働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく冴える。奥次郎右衛門。奥元平の弟。技量は元平に劣らぬ。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 供亡妾服部君之神前ニ刀之小池田龍軒一秀謹造 文政七年八月日(出羽) (東山道) 江戸後期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く映り立つ。刃紋は互の目丁字乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足長く盛んに入り、葉働く。金筋、砂流しよくかかり、匂い口明るく冴える。  水心子正秀の門。酒井家抱工。龍軒と号す。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 奥州住兼定(会津) (東山道) 江戸前期 保存刀剣 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は中直刃、浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口深めに沸よくつく。刃縁ほつれ、喰い違い刃かかる。小足、葉働き、金筋、砂流し頻りにかかる。匂い口明るく冴える。古川孫右衛門。三代。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
短刀 吉光(国不明) 室町後期 保存刀剣 優品

平造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く映り立つ。刃紋は細直刃、浅く湾れて刃縁ほつれる。匂い口締まり心に小沸よくつく。刃縁に細かな金筋よく絡み、砂流しかかる。匂い口締まり明るく冴える。国不明ですが出来も良く、重ね、1.39㎝の極めて豪快な鎧通しです。青貝微塵塗鞘合口拵付。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
短刀 関住兼辰(美濃) 天文拾一壬寅歳八月日 (東山道) 室町後期 保存刀剣 優品

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく練れ詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。小足、葉働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。兼代の子。本国美濃のち上杉家抱工。業物。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
短刀 卍正次作(東京) 大正八年二月吉日 大正八年 保存刀剣 標準品

平造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口締まり心に小沸つく。刃縁ほつれ僅かに小足、葉働く。金筋、砂流しかかり、匂い口沈み心に冴える。桜井正次。青龍斎正次の子。金剛斎という。二代固山宗次門。有栖川宮威仁親王の相手鍛冶を勤める。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
無銘(法華一乗)(備後) (山陽道) 室町前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 磨上茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く白気風の映り立つ。刃紋は広直調子に互の目、丁字交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。喰い違い刃かかり、足、葉盛んに働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。葦田三原派。国分寺助国系。黒呂塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
筑州住宗昌親作(福岡) 平成五年二月吉日 平成五年 当店の保証 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりややザングリと肌立ち見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は大互の目涛乱風に乱れる。匂い口フックラと小沸よくつく。飛び焼かかり、匂い足、葉盛んに働く。金筋、砂流しよくかかり、匂い口明るく冴える。見事な涛乱刃です。宗正敏。父宗勉の門。無鑑査。黒呂塗鞘打刀拵付き。

種別 時代 鑑定書
長州住藤原清重(長門) (山陽道) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 僅か区送り 小板目肌、柾交じり小糠状によく詰む。(地鉄精美) 地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く沸映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁よくほつれ小足、葉働く。刃縁に金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。長谷川八左衛門尉。寛文頃。黒呂塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
居合刀 武州吾堅住小沢正寿作(埼玉)昭和ニニ十三年仲秋 為○○家重代守護 應○○氏需 昭和四十三年 当店の保証 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は互の目、丁字乱れ、尖り刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、匂い足、葉盛んに働く。金筋、砂流し頻りにかかり匂い口明るく冴える。小沢岩造。宮口寿広、塚本起正の門。入賞多数。身巾広く豪壮。黒呂塗鞘打刀拵入り。(1380g)

種別 時代 鑑定書
居合刀 相模国剣白靖俊作 昭和五十五年十月吉日 (神奈川) 昭和五十五年 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。小野潔。増田靖要(靖国刀匠)の門。黒呂塗鞘打刀拵入り。 (970g)

種別 時代 鑑定書
石原通廣作(岐阜) 昭和初期 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は尖り互の目、三本杉風に乱れる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。僅かに足、葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。関の軍刀鍛冶.黒呂模様塗鞘打刀拵入り。

種別 時代 鑑定書
無銘(東京272130号) (岐阜) 昭和初期 当店の保証 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ、淡く白気映り立つ。刃紋は尖り互の目、三本杉風に乱れる。匂い口締まり心に小沸よくつく。僅かに小足、葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。黒呂塗鞘打刀拵入り。

種別 時代 鑑定書
脇差 於越後國義光作(東京) 平成二年八月吉日 平成二年 当店の保証 優品

冠落し造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じり見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は互の目重花丁子華やかに乱れる。匂いフックラと小沸よくつく。足、葉盛んに働き、金筋、砂流し頻りにかかる。匂い口よく締まり明るく見事に冴える。吉川三男。義原義人の門。古作一文子の如く見事な重花丁子の世界です。

種別 時代 鑑定書
脇差 大法師法橋来金道 (山城)(畿内) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く映り立つ。刃紋は互の目丁字乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉盛んに働き、金筋、砂流しよくかかる。匂い口明るく冴える。来金道二代目。和泉守。法橋に任ぜられ栄泉と号す。業物。黒茶松葉塗鞘脇差拵付き。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 和州住義忠(大和) (畿内) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

平造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりやや肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに大互の目乱れ、丁字交じる。匂い口深めに沸、小沸よくつく。匂い足、葉よく働き、金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく冴える。文殊一派。銘を左文字に切る。(特別保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
脇差 石州住義直(石見) 元亀二年二月日 (山陰道) 室町末期 保存刀剣 標準品

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく練れ詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、白気風の映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて、小乱れ交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。小足、葉働き、刃縁に金筋よく絡む。砂流しかかり、明るく冴える。表裏中程迄棒樋の彫刻。珍品。(保存刀剣)

種別 時代 鑑定書
寸延び短刀 於南紀重國造之(紀伊) (南海道) 江戸前期 特別保存刀剣 優品

片平・片菖蒲造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりやや肌立ちごころによく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は中直刃、浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁ほつれ盛んに二重刃かかる。細かな小足、葉働き、細かな金筋頻りにかかる。砂流しかかり、匂い口明るく見事に冴える。表に独鈷付剣、裏に梵字の彫刻。文殊九郎三郎。大和手掻の末。紀州頼宣候の抱工。新刀最上作。希少。(特別保存刀剣)