お買い得品(刀剣) 一覧

No.種別時代長さ反り重ね鑑定書価格
1 短刀 無銘(大束秀次) (北海道) 大正昭和時代 24.3 ナシ 0.6 特別貴重 ¥130,000
2 短刀 寿命(美濃)(東山道) 江戸後期 17.4 0 0.53 保存刀剣 ¥200,000
4 短刀 無銘(伝会津道辰) (陸奥)(東山道) 江戸末期 20.9 なし 0.51 当店の保証 ¥230,000
20 脇差 弘光作(松村近江介) (武蔵)(東海道) 江戸末期 39.1 0.2 0.78 保存刀剣 ¥280,000
22 脇差 摂州住藤原忠行 (摂津)(五畿) 江戸前期 56.3 1.1 0.72 特別保存刀剣 ¥390,000
32 直次(国不明) 昭和初期 66.7 1.8 0.61 当店の保証 ¥100,000
33 竹内兼正(愛知) 昭和初期 62.4 1.4 0.72 当店の保証 ¥180,000
1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
1 短刀 無銘(大束秀次) (北海道) 大正昭和時代 24.3 ナシ 0.6 特別貴重 標準品 白鞘 ¥130,000

平造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は中直刃、浅く湾れて、僅かに小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁に細かな金筋よく絡み、匂い口明るく冴える。本名大束周次。元陸軍受命刀匠。陸軍軍刀技術奨励会入選。國工院会員名誉宗匠保存協会金牌。文部大臣賞。堀井俊秀の門。(特別貴重刀剣)

1 2
No. 種別 時代 長さ 重ね 鑑定書 付属 価格
2 短刀 寿命(美濃)(東山道) 江戸後期 17.4 0.53 保存刀剣 標準品 白鞘 外装 ¥200,000

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く白気風の映り立つ。刃紋は互の目乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。匂い足、葉働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。石切寿命。在銘です。出鮫金散塗鞘合口拵付き。(保存刀剣)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
4 短刀 無銘(伝会津道辰) (陸奥)(東山道) 江戸末期 20.9 なし 0.51 当店の保証 標準品 白鞘 外装 ¥230,000

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。僅かに葉働き、刃縁に金筋絡む。僅かに砂流しかかり匂い口沈み心に冴える。松軒元興の門。腰刻黒杢目模様塗鞘合口拵付き。(刀剣杉田)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
20 脇差 弘光作(松村近江介) (武蔵)(東海道) 江戸末期 39.1 0.2 0.78 保存刀剣 標準品 白鞘 外装 ¥280,000

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりやや肌立ち心によく詰む。地沸微塵につき、地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁ほつれ二重刃かかり、小足、葉働く。金筋、砂流しかかり、明るく冴える。江戸市ヶ谷佐門住。(現四谷左門町)腰刻焦茶石目塗鞘脇差拵付き。(保存刀剣)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
22 脇差 摂州住藤原忠行 (摂津)(五畿) 江戸前期 56.3 1.1 0.72 特別保存刀剣 優品 白鞘 ¥390,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉盛んに働き、金筋、砂流し頻りにかかる。匂い口明るく冴える。本名は太郎右衛門。初代粟田口忠綱の弟。良業物。(特別保存刀剣)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
32 直次(国不明) 昭和初期 66.7 1.8 0.61 当店の保証 標準品 外装 ¥100,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は互の目乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。小足、葉働き、僅かに金筋、砂流しかかり明るく冴える。黒呂塗鞘打刀拵入り。

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
33 竹内兼正(愛知) 昭和初期 62.4 1.4 0.72 当店の保証 標準品 外装 ¥180,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ、淡く白気映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。足、葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。本名は竹内兼三郎。元陸軍受命刀匠。陸軍軍刀技術奨励会入選。黒呂塗鞘打刀拵入り。