居合刀 一覧

居合刀
No.種別時代長さ反り重ね付属価格
71 居合刀 日州住宇平作(宮崎) 平成元年六月吉日 平成元年 70.6 1.75 0.56 標準品 外装 ¥380,000
72 居合刀 以出雲鋼備前國長舩住 正法作(岡山) 應〇〇氏需平成十七年 八月吉日 平成十七年 71.5 1.1 0.67 標準品 外装 ¥380,000
73 居合刀 八代住吉次作(熊本) 昭和五十七年十二月日 昭和五十七年 70.2 1.9 0.72 標準品 外装 ¥430,000
74 居合刀 出雲國住貞照作之 昭和五十四年三月日 (島根) 昭和五十四年 72.8 1.7 0.69 標準品 外装 ¥430,000
75 居合刀 濃州住亀井昭平作 昭和五十年仲秋 (岐阜) 昭和五十年 75 1.8 0.71 標準品 外装 ¥430,000
76 居合刀 北州渡部安秀作之(北海道)昭和五十乙卯八月吉日 昭和五十年 71.6 2.1 0.73 標準品 外装 ¥450,000
77 居合刀 羽後本荘住慶光作(秋田)昭和六十一年十月吉日 昭和六十一年 72.8 2.1 0.77 標準品 外装 ¥450,000
78 居合刀 源寿王(埼玉) 昭和五十七年正月日 昭和五十七年 70.3 1.6 0.72 標準品 外装 ¥450,000
1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
71 居合刀 日州住宇平作(宮崎) 平成元年六月吉日 平成元年 70.6 1.75 0.56 当店の保証 標準品 外装 ¥380,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりやや大肌顕われ詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ白気風の映り立つ。刃紋は互の目乱れ丁字、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。匂い足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかり、明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。川口宇兵衛。大崎善平の門。黒石目塗鞘打刀拵入り。(865g)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
72 居合刀 以出雲鋼備前國長舩住 正法作(岡山) 應〇〇氏需平成十七年 八月吉日 平成十七年 71.5 1.1 0.67 当店の保証 標準品 外装 ¥380,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。刃紋は中直刃、浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。小足、葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。曽根寛。宮入法廣の門人。黒石目塗鞘打刀拵入り。(940g)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
73 居合刀 八代住吉次作(熊本) 昭和五十七年十二月日 昭和五十七年 70.2 1.9 0.72 当店の保証 標準品 外装 ¥430,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目交じる。匂い深めに沸よくつく。湯走りかかり、沸足、葉働く。金筋、砂流しよくかかり、明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。山田純次。谷川盛吉の門。入賞多数。茶石目塗鞘打刀拵入り。(1040g)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
74 居合刀 出雲國住貞照作之 昭和五十四年三月日 (島根) 昭和五十四年 72.8 1.7 0.69 当店の保証 標準品 外装 ¥430,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、地景よく入り淡く映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。足、葉盛んに働き、金筋激しくかかる。頻りに砂流しかかり、匂い口明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。小林弘嗣。小林貞善の子。川島忠善一門。入賞多数。黒呂塗鞘打刀拵入り。(975g)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
75 居合刀 濃州住亀井昭平作 昭和五十年仲秋 (岐阜) 昭和五十年 75 1.8 0.71 当店の保証 標準品 外装 ¥430,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、小互の目、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。足、葉よく働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。亀井昭平。関兼延の門。黒呂塗鞘打刀拵入り。(1020g)

koshirae1 1-koshirae01
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
76 居合刀 北州渡部安秀作之(北海道)昭和五十乙卯八月吉日 昭和五十年 71.6 2.1 0.73 当店の保証 標準品 外装 ¥450,000

本造り庵棟、うぶ茎 小板目肌、柾交じり詰む。地沸微塵につき、地景入り沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、喰い違い刃交じり、飛び焼きかかる。匂いやや深めに沸づく。湯走りかかり足入り、葉働く。刃縁に金筋頻りにかかり、砂流しかかり明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。渡部工。堀井俊秀の門。黒呂塗鞘打刀拵入り。(1090g)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
77 居合刀 羽後本荘住慶光作(秋田)昭和六十一年十月吉日 昭和六十一年 72.8 2.1 0.77 当店の保証 標準品 外装 ¥450,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り刃交じる。匂いやや深めに沸よくつく。湯走りかかり足、葉盛んに働く。金筋、砂流し頻りにかかり、明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。鈴木慶吉。黒呂塗鞘打刀拵入り。(1270g)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
78 居合刀 源寿王(埼玉) 昭和五十七年正月日 昭和五十七年 70.3 1.6 0.72 当店の保証 標準品 外装 ¥450,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、地景よく入り白気調の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り刃交じる。匂い口やや深めに小沸つく。湯走りかかり、小足、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。柳川昌喜。三代直弘、大慶直胤の門流。焦茶塗鞘打刀拵入り。(910g)