勢州桑名住義明斎三品広房作(伊勢)慶應元年八月日 (東海道)

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
46 勢州桑名住義明斎三品広房作(伊勢)慶應元年八月日 (東海道) 江戸末期 70.8 1.5 0.81 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥950,000

この商品について

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。本名は三品半平衛。三品広道の子。世に桑名打ちの作者の一人とされていますが、その技量はすこぶる高く備前伝のみならず、相州伝にも優れた作品を残しています。黒呂塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

販売価格 ¥950,000(税込)