備州長船祐定作之 永禄十二年八月吉日 (備前)(山陽道)

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
51 備州長船祐定作之 永禄十二年八月吉日 (備前)(山陽道) 室町後期 71.1 2.2 0.9 特別保存刀剣 保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥1,150,000

この商品について

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く乱れ映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、小丁字、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと沸、小沸よくつく。小足、葉盛んに働き、金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく冴える。末備前には祐定を名乗る刀工は何人も居りましたがいずれも名工揃いです。朱漆藤紋散塗手綱刻鞘肥後打刀拵付き。(特別保存刀装具・保存刀剣)

販売価格 ¥1,150,000(税込)