尾崎長門守男天竜子源吾正隆 於玉浦鍛之  天保二二年十二月日 (摂津)(五畿)

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
23 脇差 尾崎長門守男天竜子源吾正隆 於玉浦鍛之  天保二二年十二月日 (摂津)(五畿) 江戸後期 39.2 0.6 0.66 特別保存刀剣 優品 白鞘 ¥380,000

この商品について

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。湯走り、飛び焼かかり、足、葉働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。本名は尾崎源五右衛門。本国播磨。黒田鷹諶門人。新々刀前期の大阪鍛冶を体表する工です。(特別保存刀剣)

販売価格 ¥380,000(税込)