備州長船祐定作(備前) 永正十一年二月日 (山陽道)

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
41 備州長船祐定作(備前) 永正十一年二月日 (山陽道) 室町後期 72.3 1.7 0.8 保存刀剣 標準品 白鞘 外装 ¥680,000

この商品について

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り乱れ映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り飛び焼かかり、足、葉盛んに働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。永正頃の祐定は末備前の全盛期に当たり与三左衛門を始めその父彦兵衛などが活躍していました。青貝微塵塗鞘打刀拵付き。(保存刀剣)

販売価格 ¥680,000(税込)