脇差 一覧

脇差
No.種別時代長さ反り重ね鑑定書価格
17 脇差 無銘(岩捲)(美濃) (東山道) 江戸前期 55.7 1.4 0.68 保存刀剣 ¥130,000
18 脇差 無銘(藤原高田)(豊後) (西海道) 江戸前期 45.8 0.6 0.57 当店の保証 ¥150,000
19 脇差 無銘(越前兼則)(越前) (北陸道) 江戸前期 46.8 0.8 0.59 柴田光男 ¥220,000
20 脇差 兼法(美濃)(東山道) 室町末期 37.5 0.9 0.62 保存刀剣 ¥290,000
21 脇差 尾崎長門守男天竜子源吾正隆(摂津)於玉浦鍛之 天保二二年十二月日 (五畿) 江戸後期 39.2 0.6 0.65 特別保存刀剣 ¥390,000
22 脇差 富田相模守義道(山城) 寛延二二年八月吉日 (五畿) 江戸中期 59.4 1 0.89 特別保存刀剣 ¥480,000
23 薙刀 雲州住兼常(出雲) (山陰道) 江戸前期 52.8 2.1 0.76 特別保存刀剣 ¥480,000
24 脇差 大和大掾藤原正則 (越前)(北陸道) 江戸前期 46.2 1.2 0.74 特別保存刀剣 ¥550,000
25 脇差 泰龍斎宗寛造之(武蔵)安政四年十月日 (東海道) 幕末 55.1 1.3 0.67 特別保存刀剣 ¥780,000
26 脇差 丹波守吉道(山城) (五畿) 江戸前期 40.3 0.8 0.69 特別保存刀剣 ¥1,550,000
27 脇差 宮入昭平作(長野) 昭和丗五年八月日 昭和三十五年 40.8 0.7 0.72 特別保存刀剣 ¥1,550,000
28 脇差 無銘(青江)(備中) (山陽道) (第63回重要刀剣) 鎌倉末期 43.8 1.2 0.62 重要刀剣 ¥1,800,000
59 大小揃い (小) 於越後國義光作(東京) 平成三年三月吉日 (大野義光) 平成三年 47.4 1.3 0.75 当店の保証 ¥4,500,000
1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
17 脇差 無銘(岩捲)(美濃) (東山道) 江戸前期 55.7 1.4 0.68 保存刀剣 標準品 白鞘 ¥130,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく練れ詰む。地沸微塵につき、地景よく入り、淡く白気調の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。喰い違い刃かかり足、葉よく働く。金筋、砂流し頻りにかかり明るく冴える。(保存刀剣)

3-toushi2 1-toushi0
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
18 脇差 無銘(藤原高田)(豊後) (西海道) 江戸前期 45.8 0.6 0.57 当店の保証 標準品 外装 ¥150,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。匂い足、葉よく働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。黒叩塗鞘脇差拵付き。(刀剣杉田)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
19 脇差 無銘(越前兼則)(越前) (北陸道) 江戸前期 46.8 0.8 0.59 柴田光男 標準品 白鞘 外装 ¥220,000

本造り庵棟 磨上茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ白気風の映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。飛び焼かかり、匂い足、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。黒呂塗鞘脇差拵付き。(柴田鑑定)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
20 脇差 兼法(美濃)(東山道) 室町末期 37.5 0.9 0.62 保存刀剣 標準品 白鞘 外装 ¥290,000

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ白気調の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。湯走りかかり僅かに小足、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。越前兼法。本国美濃。黒呂塗鞘脇差拵付き。(保存刀剣)

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
21 脇差 尾崎長門守男天竜子源吾正隆(摂津)於玉浦鍛之 天保二二年十二月日 (五畿) 江戸後期 39.2 0.6 0.65 特別保存刀剣 優品 白鞘 ¥390,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。湯走り、飛び焼かかり、足、葉働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。尾埼助隆の孫。有功卿の相手を務める。(特別保存刀剣)

1
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
22 脇差 富田相模守義道(山城) 寛延二二年八月吉日 (五畿) 江戸中期 59.4 1 0.89 特別保存刀剣 優品 白鞘 ¥480,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりやや肌立ち心によく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じる。匂い深めによく沸づく。湯走りかかり、足入り、葉盛んに働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく冴える。富田甚右衛門。二代近江守久道の門。本国日向。身巾広く豪壮。(特別保存刀剣)

1
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
23 薙刀 雲州住兼常(出雲) (山陰道) 江戸前期 52.8 2.1 0.76 特別保存刀剣 優品 白鞘 ¥480,000

薙刀造り三ッ棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、足、葉よく働く。金筋、砂流しかかり匂い口明るく冴える。表裏に薙刀樋の彫刻。本国美濃三阿弥派。(特別保存刀剣)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
24 脇差 大和大掾藤原正則 (越前)(北陸道) 江戸前期 46.2 1.2 0.74 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥550,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりやや肌立ち心によく詰む。地沸微塵に厚くつき細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は互の目丁字乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足盛んに入り葉働く。金筋、砂流しよくかかり、匂い口明るく冴える。山田氏。三条吉則の末。越前兼法の門人。良業物。うるみ塗笛巻鞘脇差拵付き。(特別保存刀剣)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
25 脇差 泰龍斎宗寛造之(武蔵)安政四年十月日 (東海道) 幕末 55.1 1.3 0.67 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥780,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じり肌立ち心によく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、乱れ映り鮮明に立つ。刃紋は中直刃、淡く湾れる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁ほつれ細かな小足、葉働く。刃縁に細かな金筋絡み砂流しかかり、匂い口明るく冴える。固山宗次の高弟。下総古河藩工。赤茶色塗鞘半太刀脇差拵付き。(特別保存刀剣)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
26 脇差 丹波守吉道(山城) (五畿) 江戸前期 40.3 0.8 0.69 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥1,550,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じり、やや簾状となる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、小足、葉盛んに働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく見事に冴える。表裏に棒樋の彫刻。京初代。本国美濃。兼道三男。三品一派。焦茶色板目模様塗鞘脇差拵付き。(特別保存刀剣)

toushi0
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
27 脇差 宮入昭平作(長野) 昭和丗五年八月日 昭和三十五年 40.8 0.7 0.72 特別保存刀剣 優品 白鞘 ¥1,550,000

平造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じる。匂い深めによく沸づく。湯走りかかり、足、葉よく働く。金筋、砂流しよくかかり、匂い口明るく冴える。表裏にたけくらべ樋の彫刻。宮入堅一。栗原昭秀の門。人間国宝。(特別保存刀剣)

1
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
28 脇差 無銘(青江)(備中) (山陽道) (第63回重要刀剣) 鎌倉末期 43.8 1.2 0.62 重要刀剣 特優品 白鞘 ¥1,800,000

薙刀直し造り庵棟 磨上茎 板目肌、小板目、杢交じりよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り地斑風の映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて互の目、小互の目交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。二重刃かかり細かな小足、葉盛んに働く。刃中、金筋、砂流しかかり、匂い口明るく見事に冴える。地鉄精美。☆☆第63回重要刀剣☆☆

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
59 大小揃い (小) 於越後國義光作(東京) 平成三年三月吉日 (大野義光) 平成三年 47.4 1.3 0.75 当店の保証 優品 白鞘 外装 ¥4,500,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じり見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く乱れ映り立つ。刃紋は互の目、丁字、焼き高く重花風に華やかに乱れる。匂い口やや締まり心にフックラと小沸よくつく。飛び焼きかかり、足、葉盛んに働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく見事に冴える。出来傑作。黒呂塗鞘打刀拵(大小)付き。