50万円〜100万円 一覧

No.種別時代長さ反り重ね鑑定書価格
11 短刀 相州住綱広(相模) (東海道) 室町後期 25.5 0 0.49 特別保存刀剣 ¥780,000
12 短刀 藤島友重 (加賀)(北陸道) 室町後期 28.2 0 0.56 特別保存刀剣 ¥780,000
13 短刀 延寿国重作 (肥後)(西海道) 江戸後期 25.3 0 0.79 特別保存刀剣 ¥850,000
22 縁頭 石黒是常 江戸時代 特別保存刀装具 ¥550,000
29 脇差 (菊紋)和泉守来金道 (山城)(五畿) 江戸前期 59.6 1.5 0.62 特別保存刀剣 ¥530,000
30 小太刀 金剛兵衛尉源盛重作 直家 文明ニニ年八月吉日 (筑前)(西海道) 室町中期 57.9 1.6 0.61 保存刀剣 ¥580,000
43 伯耆國森脇正孝作(鳥取)昭和五十二年正月吉日 昭和五十二年 71 2.1 0.83 当店の保証 ¥550,000
44 伯耆國藤原吉幸 慶應三年正月日 (伯耆)(山陰道) 江戸末期 70.2 1.3 0.81 特別保存刀剣 ¥680,000
45 信濃国住宮入清平作之 (長野)為〇〇〇〇君 昭和乙酉年八月日 昭和四十四年 82.3 1.9 0.77 当店の保証 ¥750,000
46 備州長船祐定作(備前) 永正十一年二月日 (山陽道) 室町後期 72.3 1.7 0.8 保存刀剣 ¥750,000
47 大小揃い (大) 無銘(下原) (武蔵)(東海道) 安土桃山 69.1 1.9 0.78 貴重 ¥780,000
47 大小揃い (小) 無銘(肥前忠清) (肥前)(西海道) 江戸前期 45 1.3 0.69 特別貴重 ¥780,000
48 横山加賀介藤原祐永 (菊紋)一 備前長船士 (備前)(山陽道) 江戸後期 70.8 1.6 0.64 特別保存刀剣 ¥850,000
83 黒石目塗鞘太刀拵 江戸後期 特別保存刀装具 ¥750,000
90 小柄 無銘(乗真) 室町時代 特別保存刀装具 ¥550,000
No. 種別 時代 長さ 重ね 鑑定書 付属 価格
11 短刀 相州住綱広(相模) (東海道) 室町後期 25.5 0.49 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥780,000

平造り三ツ棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、小乱れ交じる。匂い深めによく沸づく。湯走りかかり、小足、葉働く。金筋、砂流しよくかかり、匂い口明るく冴える。表に独鈷剣に草の倶利伽羅、裏に南無妙法蓮華経の文字の彫刻。北条氏抱工。北条氏綱より綱の一字を授けられる。黒石目塗鞘合口拵付き。  (特別保存刀剣)

No. 種別 時代 長さ 重ね 鑑定書 付属 価格
12 短刀 藤島友重 (加賀)(北陸道) 室町後期 28.2 0.56 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥780,000

平造り三ツ棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく練れ詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く映り立つ。刃紋は湾れに互の目、小丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと沸、小沸よくつく。沸足、葉働き、金筋、砂流しよくかかる。匂い口明るく冴える。藤島友重は南北朝期から幕末迄続く名門です。本作は銘振りから明応頃の友重と思われます。暗朱塗鞘小刀拵付き。(特別保存刀剣)

No. 種別 時代 長さ 重ね 鑑定書 付属 価格
13 短刀 延寿国重作 (肥後)(西海道) 江戸後期 25.3 0.79 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥850,000

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく練れ詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ、尖り刃交じる。匂い口やや深めに沸、小沸よくつく。湯走り、飛び焼き、喰い違い刃かかり、足入り、葉盛んに働く。金筋、砂流しよくかかり匂い口明るく冴える。肥後菊池郡延寿國村二十七代孫。 青貝散塗鞘突兵合口拵付き。(内外・特別保存)

No. 種別 時代 鑑定書 価格
22 縁頭 石黒是常 江戸時代 特別保存刀装具 ¥550,000

縁頭 金時追儺図 石黒是常(花押)
赤銅魚子地 高彫 象嵌色絵
縁 長さ3.39㎝×2㎝×高さ1.3㎝
頭 長さ3.72㎝×3.8㎝×高さ0.95㎝

江戸時代後期の江戸で隆盛した装剣金工の一大流派
石黒政常の弟子

特別保存刀装具

(特ー22)

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
29 脇差 (菊紋)和泉守来金道 (山城)(五畿) 江戸前期 59.6 1.5 0.62 特別保存刀剣 優品 白鞘 ¥530,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく練れ詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く映り立つ。刃紋は大互の目、大房の丁字乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。飛び焼かかり、匂い足、葉盛んに働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。三代和泉守来金道。二代栄泉の子。業物。身巾広く豪壮。(特別保存刀剣)

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
30 小太刀 金剛兵衛尉源盛重作 直家 文明ニニ年八月吉日 (筑前)(西海道) 室町中期 57.9 1.6 0.61 保存刀剣 標準品 白鞘 外装 ¥580,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は細直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口締まり心に小沸つく。小足、葉働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。金剛兵衛源盛重二代。茶梨地塗鯉蒔絵鞘糸巻太刀拵付き。(保存刀剣)

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
43 伯耆國森脇正孝作(鳥取)昭和五十二年正月吉日 昭和五十二年 71 2.1 0.83 当店の保証 優品 白鞘 外装 ¥550,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりやや肌立ち心によく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。刃紋は互の目丁字乱れ、尖り刃交じる。匂い口やや深めに沸、小沸よくつく。湯走りかかり、沸足、葉盛んに働く。金筋、砂流し頻りにかかり匂い口明るく冴える。本名森脇要。金一郎の子。國工院会員宗匠。靖国鍛錬会入会、梶山靖徳、池田靖光、小谷靖憲に師事、勲四等瑞宝章。藍綬褒章。黒呂塗鞘打刀拵付き。

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
44 伯耆國藤原吉幸 慶應三年正月日 (伯耆)(山陰道) 江戸末期 70.2 1.3 0.81 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥680,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりやや肌立ち心にみっしりとよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁ほつれ僅かに小足、葉働く。刃縁に細かな金筋よく絡み、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。本名は清水藤四郎。初銘、吉行。曙峰軒と号す。出雲藩工。黒石目塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
45 信濃国住宮入清平作之 (長野)為〇〇〇〇君 昭和乙酉年八月日 昭和四十四年 82.3 1.9 0.77 当店の保証 優品 白鞘 外装 ¥750,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。飛び焼かかり、匂い足、葉盛んに働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく冴える。宮入栄三。宮入昭平の弟。入賞多数。身巾広く大切先で豪壮。黒呂塗鞘打刀拵付き。

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
46 備州長船祐定作(備前) 永正十一年二月日 (山陽道) 室町後期 72.3 1.7 0.8 保存刀剣 標準品 白鞘 外装 ¥750,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り乱れ映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り飛び焼かかり、足、葉盛んに働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。表裏に棒樋の彫刻。永正頃の祐定は末備前の全盛期に当たり与三左衛門を初めその父彦兵衛などが活躍していました。青貝微塵塗鞘打刀拵付き。(保存刀剣)

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
47 大小揃い (大) 無銘(下原) (武蔵)(東海道) 安土桃山 69.1 1.9 0.78 貴重 標準品 白鞘 外装 ¥780,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵につき、地景よく入り、白気風の映り立つ。刃紋は小互の目、小丁字、尖り刃交じり華やかに乱れる。匂い口沈み心に沸、小沸よくつく。湯走りかかり、足、葉盛んに働く。金筋、砂流し激しくかかり、匂い口やや沈み心に明るく冴える。新古境の武州下原刀です。黒呂塗鞘打刀拵付き。龍の揃金具の大小拵です。(貴重刀剣)

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
47 大小揃い (小) 無銘(肥前忠清) (肥前)(西海道) 江戸前期 45 1.3 0.69 特別貴重 標準品 白鞘 外装 ¥780,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、小杢目交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。匂い足、葉よく働く。金筋、砂流しかかり、明るく冴える。初代忠吉門人。黒呂塗鞘脇差拵付き。(特別貴重刀剣)

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
48 横山加賀介藤原祐永 (菊紋)一 備前長船士 (備前)(山陽道) 江戸後期 70.8 1.6 0.64 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥850,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりやや肌立ち心によく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。匂い足、小足、葉、盛んに働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。横山祐平の次男で祐平家を継ぐ。友成五十六代孫とも切る。黒呂塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

No. 種別 時代 鑑定書 価格
90 小柄 無銘(乗真) 室町時代 特別保存刀装具 ¥550,000

柑橘図 小柄
赤銅魚子地 高彫 袋着色絵
縦 1.3㎝ 横 9.7㎝

後藤乗真は後藤家の三代、金工と同時に武将でもあり、将軍足利義晴 義輝に仕えました。

特別保存刀装具