近江大掾藤原忠広 寛永二十年二月吉日(肥前) (西海道) (第33回重要刀剣)

種別 時代 鑑定書 価格
脇差 近江大掾藤原忠広 寛永二十年二月吉日(肥前) (西海道) (第33回重要刀剣) 江戸前期 重要刀剣 特優品 ¥5,800,000

この商品について

Waikzashi, Omi Daijo Fujiwara Tadahiro.

表 切刃造り、裏 平造り、庵棟 うぶ茎 小板目肌見事に詰み、地沸微塵に厚くつく。細かな地景よく入り、見事な梨地肌となる。刃紋は湾れに互の目交じる。匂い深く、小沸よくつく。小足、葉よく働き金筋頻りに絡む。僅かに砂流しかかり匂い口明るく見事に冴える。表に素剣、裏に護摩箸の彫刻。初代忠吉の子、二代忠吉。大業物。出鮫赤黒呂散塗鞘小刀拵付き。☆☆第33回重要刀剣☆☆

¥5,800,000

種別
Category
脇差
鑑定書
Certificate
重要刀剣
形状
Shape
表:切刃造 裏:平造り庵棟 長さ:37.4糎 反り:0.6糎 元幅:3.0糎
Omote Kiriha-tsukuri, Ura Hiratsukuri ioromune. hacho 37.4cm Sori 0.6cm motohaba 3.0cm

Kitae
小板目肌よくつみ、地沸よくつく
Koitamehada yokutsumi, Jinie yokutsuku.
刃文
Hamon
小のたれ
konotare.
帽子
Boshi
直ぐに小丸 裏先掃きかける。
sugu ni komaru, ura saki hakikakeru.

Nakago
生ぶ、鑢目浅い勝手上がり 目釘孔二
Ubu,Yasurime asai katte-agari, Mekugiana 2
時代
Period
江戸前期
Kichijitsu February, 1643. Edo period.
彫物
Horimono
表は素剣 裏は護摩箸を掻き流す
omote ha Soken, ura ha Goma-hasi wo kakinagasu.
質について
Quality
特優品
備考
Remarks
肥前刀大鑑 忠吉編
本間順治(薫山) 所載
【付属品】 白鞘 外装