因幡国住人菅原包則作之 慶応元年五月日 (因幡)(東京)

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
7 短刀 因幡国住人菅原包則作之 慶応元年五月日 (因幡)(東京) 江戸末期 25 なし 0.79 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥450,000

この商品について

平造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く映り立つ。刃紋は中直刃、浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。刃縁ほつれ、二重刃、喰い違い刃かかる。小足、葉働き刃縁に金筋よく絡む。砂流しかかり匂い口明るく冴える。本名は宮本志賀彦。正七位。能登守を受領。帝室技芸員。因州鳥取、伯州倉吉、京都、東京にても打つ。鉄金具焦茶柾目塗鞘小刀拵付き。(特別保存刀剣)

販売価格 ¥450,000(税込)