今週のおすすめ品 一覧

No. 種別 時代 鑑定書 価格
45 肥前守藤原重則 (武蔵)(東海道) 江戸前期 特別保存刀剣 優品 ¥850,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は互の目丁字乱れ、焼き高く華やか、匂い口フックラと沸、小沸よくつく。沸足、葉盛んに働き、金筋、砂流し頻りにかかる。匂い口明るく冴える。本国美濃。出来が良く華やかで一見尾張新刀に見えます。黒呂塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

No. 種別 時代 鑑定書 価格
41 (京六代) (菊紋)丹波守吉道 (山城)(五畿) 江戸中期 特別保存刀剣 優品 ¥390,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりやや肌立ち心によく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、小足、葉働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。本名は三品藤七。寛政御剣を造る。黒模様塗海老當鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

No. 種別 時代 鑑定書 価格
24 脇差 肥前國河内大掾藤原正広 (肥前)(西海道) 江戸前期 特別保存刀剣 優品 ¥650,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに大互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口深く沸、小沸よくつく。沸足、葉盛んに働き、金筋、砂流し頻りにかかる。匂い口明るくよく冴える。本名は橋本左伝次郎正永のち弥七兵衛。吉信の子。藩主鍋島勝茂の御留め鍛冶。黒呂塗鞘脇差拵付き。(特別保存刀剣)

No. 種別 時代 鑑定書 価格
12 短刀 備前國住長船清光 永禄三年二月日 (備前)(山陽道) 室町後期 特別保存刀剣 優品 ¥780,000

冠落し造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく練れ詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、僅かに小足、葉働く。刃縁に細かな金筋よく絡み、砂流しかかり、明るく冴える。本作は孫右衛門と思われます。業物。末備前。出鮫暗朱黒模様塗鞘合口拵付き。(特別保存刀剣)

No. 種別 時代 鑑定書 価格
26 脇差 伯耆守平朝臣正幸 文化十一年戌八月八十二歳造(薩摩)(西海道) 江戸後期 特別保存刀剣 優品 ¥1,050,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖りごころの刃交じる。匂い深くよく沸づく。湯走りかかり沸足、葉働く。金筋、砂流し頻りにかかり匂い口明るく冴える。本名は伊知地次右衛門。仲蔵。平覚。二代薩州正良の子。三代目正良を襲名しのち伯耆守を受領し正幸と改める。奥元平とならび薩摩新々刀の双璧です。朱塗鞘肥後脇差拵付き。(特別保存刀剣)

No. 種別 時代 鑑定書 価格
61 備前介宗次(武蔵)(東海道) 嘉永三年八月日 江戸後期 特別保存刀剣 優品 ¥2,850,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく見事に冴える。本名は固山宗兵衛。加藤綱英門。白河の松平家抱工。精良斎、一専斎と号す。四谷左門町似ても打つ。備前伝の名手。黒呂刻塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)