お買い得品(刀剣) 一覧

No.種別時代長さ反り重ね鑑定書価格
1 短刀 無銘(円竜子國秀) (上野)(東山道) 江戸後期 29.5 0.5 0.58 保存刀剣 ¥180,000
15 脇差 無銘(末関)(美濃) (東山道) 室町後期 53 1.8 0.54 保存刀剣 ¥120,000
26 岡田兼定作(岐阜) 昭和初期 66 1.5 0.82 当店の保証 ¥220,000
27 濃州関住義光作(岐阜) 昭和初期 63.1 1.4 0.73 当店の保証 ¥220,000
28 昭和二十年二月(愛知) 尾州住竹内兼光作 昭和二十年 67.6 1.8 0.8 当店の保証 ¥220,000
29 濃州関住二十三代藤原兼房作之(岐阜) 昭和初期 66.3 1.6 0.67 当店の保証 ¥230,000
30 無銘(陸軍軍刀) 昭和初期 72.5 1.6 0.8 当店の保証 ¥250,000
31 昭和三十四巳亥年正月日源助壽(鳥取) 昭和三十四年 67.4 1.8 0.8 当店の保証 ¥320,000
32 無銘(伝筑紫了戒) (豊前)(西海道) 室町前期 69 2.7 0.71 特別貴重 ¥390,000
1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
1 短刀 無銘(円竜子國秀) (上野)(東山道) 江戸後期 29.5 0.5 0.58 保存刀剣 標準品 外装 ¥180,000

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じり詰みやや大肌顕わる。地沸微塵につき地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目交じる。匂い深めによく沸づく。湯走りかかり葉働く。頻りに金筋、砂流しかかり、明るく冴える。黒石目塗鞘小刀拵入り。(保存刀剣)

脇差、無銘(末関)(美濃)、刀身
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
15 脇差 無銘(末関)(美濃) (東山道) 室町後期 53 1.8 0.54 保存刀剣 標準品 白鞘 ¥120,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、地景よく入り、淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。小足、葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。末古刀。(保存刀剣)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
26 岡田兼定作(岐阜) 昭和初期 66 1.5 0.82 当店の保証 標準品 外装 ¥220,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌よく詰み、地沸厚くつく。細かな地景顕われ白気調の映り立つ。刃紋は湾れに尖り互の目交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。湯走りかかり僅かに足、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。黒呂塗鞘打刀拵入り。

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
27 濃州関住義光作(岐阜) 昭和初期 63.1 1.4 0.73 当店の保証 標準品 外装 ¥220,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌よく詰み、地沸厚くつく。細かな地景顕われ淡く乱れ風の映り立つ。刃紋は互の目乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。匂い足入り、葉働き、僅かに金筋かかる。砂流しかかり明るく冴える。黒呂塗鞘打刀拵入り。

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
28 昭和二十年二月(愛知) 尾州住竹内兼光作 昭和二十年 67.6 1.8 0.8 当店の保証 標準品 外装 ¥220,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕れ淡く白気風の映り立つ。刃紋は広直調子小互の目、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。小足、葉よく働き、金筋、砂流しよくかかる。匂い口やや沈み心に冴える。元陸軍受命刀匠、陸軍軍刀技術奨励会入選。黒呂塗鞘打刀拵入り。

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
29 濃州関住二十三代藤原兼房作之(岐阜) 昭和初期 66.3 1.6 0.67 当店の保証 標準品 外装 ¥230,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌よく詰み、地沸厚くつく。細かな地景顕われ白気風の映り立つ。刃紋は互の目乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。飛び焼きかかり、匂い足、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。加藤鉀一。国工院名誉会員権大宗匠。加藤寿命の門。黒呂塗鞘打刀拵入り。

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
30 無銘(陸軍軍刀) 昭和初期 72.5 1.6 0.8 当店の保証 標準品 外装 ¥250,000

本造り庵棟 うぶ茎 柾目肌よく詰み、地沸厚つく。細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに大互の目、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。湯走りかかり小足、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。珍しい長寸の軍刀です。陸軍軍刀拵入り。

日本刀、昭和三十四巳亥年正月日源助壽、拵え
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
31 昭和三十四巳亥年正月日源助壽(鳥取) 昭和三十四年 67.4 1.8 0.8 当店の保証 標準品 白鞘 外装 ¥320,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り刃交じる。匂い口フックラと小沸つく。小足、葉働き、金筋、砂流しかかる。匂い口やや沈み心に明るく冴える。金埼義一。元陸軍受命刀匠。池田靖光、堀井俊秀の門。黒呂塗鞘打刀拵付き。

日本刀、無銘(伝筑紫了戒)、拵え
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
32 無銘(伝筑紫了戒) (豊前)(西海道) 室町前期 69 2.7 0.71 特別貴重 標準品 白鞘 外装 ¥390,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく練れ詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、白気風の映り立つ。刃紋は細直刃浅く湾れて刃縁ほつれる。匂い口ややフックラと小沸つく。僅かに葉働き、刃縁に細かな金筋よく絡む。砂流しかかり明るく冴える。山城了戒が筑紫に移住。黒石目塗鞘打刀拵付き。(特別貴重刀剣)