越中守正俊 寛永三年八月吉日 (五畿内) (第22回重要刀剣)

種別 時代 鑑定書 価格
脇差 越中守正俊 寛永三年八月吉日 (五畿内) (第22回重要刀剣) 江戸前期 重要刀剣 特優品 ¥5,800,000

この商品について

冠落し造り三ツ棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り刃交じり、賑やか。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り、飛び焼き頻りにかかり足、葉働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく見事に冴える。表に三鈷附剣、裏に梵字、護摩箸の彫刻。関兼道の四男、三品一派のトップ。業物 ☆☆第22回重要刀剣☆☆

【日本刀鑑定証について】 日本美術刀剣保存協会:重要刀剣 【質について】 特優品 【付属品】 白鞘

販売価格 ¥5,800,000(税込)