ようこそ、刀剣杉田へ

刀剣杉田は平成10年創業以来、東京都池袋の地から、毎年、数百振り、
すべてを合わせますと五千振りを超える刀剣を国内外の皆様にお渡ししてまいりました。
これなら欲しい、この価格なら欲しいと思える刀剣を、信用のおける鑑定書を付けて、
今でも、そしてこれからも、真心をもって皆様に提供してまいります。

更新情報

2017年07月24日
刀剣杉田情報8月度更新
2017年07月03日
連載小説 第五回「骨喰丸が笑う日」掲載
2017年06月23日
刀剣杉田情報7月度更新
2017年06月02日
連載小説 第四回「骨喰丸が笑う日」掲載
2017年05月24日
刀剣杉田情報6月度更新
2017年05月02日
日本刀豆知識「磨上について再度〈その二〉」掲載
2017年05月01日
連載小説 第三回「骨喰丸が笑う日」掲載

お知らせ

2017年06月30日
第13回 [日本刀] 中原ゼミのお知らせ
2017年06月12日
播磨大掾藤原重高 越前住 (第25回重要刀剣) 入荷しました
2017年05月29日
第12回 [日本刀] 中原ゼミのお知らせ
2017年03月02日
第11回 [日本刀] 中原ゼミのお知らせ
2017年02月10日
小林伊勢守国輝 延宝六年二月日 (第49回重要刀剣) 入荷しました
2017年01月10日
第10回 [日本刀] 中原ゼミのお知らせ
2016年12月26日
備州長船法光作 明応八年二月日(第46回重要刀剣) 入荷しました

今月の逸品

3190
日本刀、二王清実作、刀身
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
54 二王清實作 (第24回重要刀剣) 室町中期 70.5 2 0.7 重要刀剣 特優品 白鞘 ¥5,800,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入る。刃紋は広直刃に小互の目交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。小足、葉盛んに働き、沸筋かかる。刃中に金筋よくかかり、砂流しかかる。匂い口明るく見事に冴える。周防国二王一派、永享頃。刀工大鑑所載(得能一男氏著)。☆☆第24回重要刀剣☆☆

詳細を見る

おすすめ品

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
48 (菊紋)丹波守吉道 (山城)(五畿) 江戸前期 70 0.9 0.67 特別保存刀剣 優品 白鞘 ¥1,950,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりやや肌立ち心によく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、二重刃、三重刃、四重刃かかり見事なすだれ状となる。匂い口締まり心に小沸よくつく。湯走り、飛び焼きかかり、足、葉盛んに働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく冴える。京二代。三品藤七郎。(特別保存刀剣)

詳細を見る

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
39 長廣(美濃千手院) (美濃)(東山道) 室町後期 72.8 2 0.58 保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥850,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ白気調の映り立つ。刃紋は互の目乱れ、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。湯走りかかり、匂い足入り、葉働く。刃中金筋よくかかり、砂流しかかり、明るく冴える。表裏に護摩箸の彫刻。小山関。美濃赤坂住。黒笛巻鞘打刀拵付き。(保存刀剣)

詳細を見る

koshirae
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
38 大小揃い (大) 無銘(固山宗平) (陸奥)(東山道) 江戸後期 72 2.4 0.57 保存刀剣 標準品 白鞘 外装 ¥780,000

本造り庵棟 磨上茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。湯走りかかり、足、葉よく働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。固山宗次の長兄。黒石目塗鞘打刀拵(大小)付き。(保存刀剣)

詳細を見る

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
22 脇差 備前長舩住横山祐盛 天保五年八月日 (備前)(山陽道) 江戸後期 35 0.7 0.58 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥480,000

平造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。匂い足盛んに入り、葉働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。伊勢守祐平の子。加賀介祐永の兄。のち七兵衛祐定の養子。黒呂塗鞘脇差拵付き。(特別保存刀剣)

詳細を見る

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
18 脇差 宗長(若狭)(北陸道) 安土桃山 48.5 1.2 0.56 保存刀剣 標準品 白鞘 外装 ¥380,000

薙刀直し造り庵棟 うぶ茎 小板目肌よく詰み、地沸微塵に厚くつく。細かな地景顕れ、沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目交じる。匂い口フックラと、小沸よくつく。湯走りかかり、小足、葉よく働く。金筋、砂流しかかり、明るく冴える。表裏に薙刀樋の彫刻。赤松政秀の招きで播州に移住。黒呂塗鞘脇差拵付き。(保存刀剣)

詳細を見る

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
16 脇差 伯耆守源信高(尾張) (東海道) 江戸中期 52 1.2 0.63 標準品 白鞘 ¥180,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。湯走りかかり僅かに足入り、葉よく働く。金筋、砂流し頻りにかかり明るく冴える。尾張関。河村三之丞。(刀苑社)

詳細を見る

品物を選ぶ

店舗外観

お気軽にご来店ください。

刀剣杉田は、東京の池袋から歩いて数分の距離にあります。一度、ご来店いただき、美しい刀剣に実際に触れてみませんか。非常に安価な一振りから、国指定の重要美術品に至るまで、六百振を超える刀剣が、皆様のおいでを今日もお待ちしています。