刀剣・日本刀販売の刀剣杉田

刀剣杉田は平成10年創業以来、東京都池袋の地から、毎年、数百振り、すべてを合わせますと五千振りを超える刀剣を国内外の皆様にお渡ししてまいりました。刀剣杉田のモットーは簡単です。それは「お客様の立場に立った刀剣店であること」。これなら欲しい、この価格なら欲しいと思える刀剣を、信用のおける鑑定書を付けて、今でも、そしてこれからも、真心をもって皆様に提供してまいります。

更新情報

2015.09.01
第五回「鬼鶴の系譜」元禄編 掲載
2015.08.26
刀剣杉田情報9月度更新
2015.08.16
日本刀豆知識掲載
2015.08.10
日本の歴史 掲載
2015.08.02
第四回「鬼鶴の系譜」元禄編 掲載
2015.07.25
刀剣杉田情報8月度更新
2015.07.13
第三回「鬼鶴の系譜」元禄編 掲載

今月の逸品

今月の新規展示品

重要刀剣、兼基、刀身

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌柾交じり、よく練れ見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、地景顕われ白気調の映り見事に立つ。刃紋は互の目乱れに小互の目、尖り状の刃交じり三本杉風に乱れる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、小足葉盛んに働く。刃中に金筋頻りにかかり、砂流しかかる。匂い口明るく見事に冴える。永正頃、孫六兼元同人または弟か。☆☆第36回重要刀剣☆☆

おすすめ品

参河守藤原陳直(丹後) 元和九年八月吉日

平造り三ツ棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ白気風の映り立つ。刃紋は互の目乱れ、喰い違い刃交じり二重刃交じる。匂 [...]

豊後住藤原守行(豊後)

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じり詰む。地沸微塵につき、地景入り淡く映り立つ。刃紋は互の目乱れ、小互の目交じる。匂いやや深く小沸よくつく。湯走り飛び焼 [...]

鈴木宗栄作(播磨)

本造り三ツ棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入る。刃紋は湾れに互の目、喰い違い刃交じる。匂いやや深く小沸よ [...]

豊前住藤原行勝(豊前)

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じり練れよく詰む。地沸厚くつき、地景入り白気映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁子交じり飛び焼きかかる。匂い口フ [...]

備州長船祐定(備前) 天正六年八月日

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりやや肌立ち心によく詰む。地沸微塵につき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。刃紋は互の目に丁字、飛び焼き交じ [...]

波平住大和介平行安(薩摩)文久三年亥二月日

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く映り立つ。刃紋は中直刃、小乱れ交じり二重刃交じる。匂い [...]