ようこそ、刀剣杉田へ

刀剣杉田は平成10年創業以来、東京都池袋の地から、毎年、数百振り、
すべてを合わせますと五千振りを超える刀剣を国内外の皆様にお渡ししてまいりました。
これなら欲しい、この価格なら欲しいと思える刀剣を、信用のおける鑑定書を付けて、
今でも、そしてこれからも、真心をもって皆様に提供してまいります。

更新情報

2017年09月22日
刀剣杉田情報10月度更新
2017年09月02日
連載小説 第七回「骨喰丸が笑う日」掲載
2017年08月25日
刀剣杉田情報9月度更新
2017年08月01日
連載小説 第六回「骨喰丸が笑う日」掲載
2017年07月24日
刀剣杉田情報8月度更新
2017年07月03日
連載小説 第五回「骨喰丸が笑う日」掲載
2017年06月23日
刀剣杉田情報7月度更新

お知らせ

2017年09月16日
第14回 [日本刀] 中原ゼミのお知らせ
2017年08月31日
備州長船盛光 応永丗三年□月日 (第38回重要刀剣)入荷しました
2017年08月08日
夏季休暇のお知らせ
2017年06月30日
第13回 [日本刀] 中原ゼミのお知らせ
2017年06月12日
播磨大掾藤原重高 越前住 (第25回重要刀剣) 入荷しました
2017年05月29日
第12回 [日本刀] 中原ゼミのお知らせ
2017年03月24日
武州下原住正重作 (武蔵)(東海道)

今月の逸品

23534
1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
24 脇差 備州長船盛光(備前) 応永三十三年二月日 (山陽道) 室町前期 32.1 0.15 0.65 重要刀剣 特優品 白鞘 外装 ¥5,500,000

平造り三ツ棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り刃縁に沿って棒映り鮮明に立つ。刃紋は中直刃浅く湾れる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁に細かな金筋よく絡み、砂流しかかり、匂い口明るく見事に冴える。表に佐々木大明神。裏に梵字の彫刻。修理亮。初代盛光の子。応永備前の明工。大業物。黒呂塗家紋蒔絵鞘合口拵付き。☆☆第38回重要刀剣☆☆

詳細を見る

おすすめ品

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
36 肥前國住伊勢大掾藤原吉広(肥前)(西海道) 江戸中期 69.9 0.8 0.67 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥900,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂いやや深めに小沸よくつく。細かな小足盛んに入り、葉よく働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。二代吉広の二男。吉左衛門。黒呂塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

詳細を見る

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
29 輝秀(東京) 昭和初期 66.7 1.8 0.73 保存刀剣 標準品 外装 ¥260,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。小足、葉よく働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。石堂輝秀。武蔵大掾是一の子孫。陸軍軍刀拵入り。(保存刀剣)

詳細を見る

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
28 濃州住人兼宗鍛之 (岐阜) 昭和初期 67 1.7 0.7 保存刀剣 標準品 外装 ¥260,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、地景よく入り白気風の映り立つ。刃紋は湾れに小互の目、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。湯走り、二重刃かかり、小足、葉よく働く。金筋、稲妻、砂流しかかり明るく冴える。福本兼宗。黒呂塗鞘打刀拵入り。(保存刀剣)

詳細を見る

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
17 脇差 伯耆守藤原信高 (尾張)(東海道) 江戸前期 54.2 1.3 0.8 保存刀剣 標準品 白鞘 外装 ¥380,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く沸映り立つ。刃紋は互の目に丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。足、葉盛んに働き、刃中長い金筋よくかかる。頻りに砂流しかかり、明るく冴える。河村三之丞。初銘信照。表裏に棒樋の彫刻。黒呂塗鞘脇差拵付き。(保存刀剣)

詳細を見る

1
No. 種別 時代 長さ 重ね 鑑定書 付属 価格
9 短刀 俊秀作(北海道) 紀元二千六百年秋佳日 昭和十五年 25.5 0.64 保存刀剣 優品 白鞘 ¥530,000

平造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目交じる。匂いやや深めに沸よくつく。湯走りかかり、細かな小足入り、葉働く。刃縁に細かな金筋頻りにかかり砂流しよくかかる。匂い口明るく冴える。堀井兼吉。堀井胤明の門。号は瑞泉,志賀太郎と称す。昭和前半期を代表する刀匠。(保存刀剣)

詳細を見る

1-shirasaya 2-toushi0
No. 種別 時代 長さ 重ね 鑑定書 付属 価格
1 短刀 本荘國行作祝喜寿 昭和五十年二月日 (大分) 昭和五十年 26.3 0.71 当店の保証 標準品 白鞘 ¥130,000

平造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く白気映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。飛び焼、湯走り、二重刃かかり、足、葉よく働く。金筋、砂流し頻りにかかり明るく冴える。本荘鉄男。陸軍軍刀技術奨励会入選。(刀剣杉田)

詳細を見る

品物を選ぶ

店舗外観

お気軽にご来店ください。

刀剣杉田は、東京の池袋から歩いて数分の距離にあります。一度、ご来店いただき、美しい刀剣に実際に触れてみませんか。非常に安価な一振りから、国指定の重要美術品に至るまで、六百振を超える刀剣が、皆様のおいでを今日もお待ちしています。