価格帯 ‘ ¥2,000,000 〜 ¥5,000,000 ’ で検索した結果:14 件

1-koshirae0
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
(菊紋)越前守源来信吉(山城) (畿内) 江戸前期 71.5 1.2 0.75 ¥2,200,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は広直刃浅く湾れて刃縁ほつれる。匂い口深めに小沸よくつく。沸足、葉働き、金筋細かく刃縁に無数に絡む。砂流しよくかか […]

1-koshirae
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
(菊紋)伊賀守藤原金道 (山城)日本鍛冶惣匠 (五畿) 江戸前期 70.6 1.67 0.72 ¥2,250,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりややザングリと肌立ち、よく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと沸よくつく。湯走り、二重刃かかり […]

1-koshirae
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
羽州米沢住人加藤綱俊(武蔵)天保五年二月吉日 (東海道) 江戸後期 69.4 2.57 0.73 ¥2,550,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足盛んに入り、葉働く。金筋、砂流しよくか […]

1-koshirae
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
冬廣作(若狭)(北陸道) 安土桃山 75.8 2.2 0.74 ¥2,900,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ち、よく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。刃紋は広直刃に湾れ、互の目交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。足、葉盛んに働き、金筋、砂流 […]

1-koshirae
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
備前介藤原宗次(武蔵) 萬延元年十二月日 (東海道) 江戸末期 71.4 1.6 0.71 ¥2,900,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌よく詰み、地沸微塵に厚くつく。細かな地景よく入り、淡く映り立つ。刃紋は互の目乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足よく働き、葉入る。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口柔らか […]

1-koshirae
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
和泉守藤原國貞(摂津) (五畿) 江戸前期 69.6 1.6 0.71 ¥3,200,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口深めによく沸づく。湯走りかかり、匂い足盛 […]

1-shirosaya
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
出羽大掾藤原國路(山城)(五畿) (第27回重要刀剣) 江戸前期 41.5 1.2 0.78 ¥3,800,000

菖蒲造り庵棟 うぶ茎 柾目肌ゆったりと流れ見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り、沸映り鮮明に立つ。刃紋は湾れに互の目交じる。匂い深くよく沸づく。足、葉盛んに働き、金筋、砂流し頻りにかかる。匂い口明るく見事に冴える […]

1-shirosaya
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
備前國住長船勝光同治光(備前)永正十一年八月吉日 (山陽道) 室町後期 67.5 2 0.75 ¥3,900,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は広直調子小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁ほつれ小足、葉盛んに働く。金 […]

1
種別 時代 価格
上野國須河寿長 大小拵 江戸後期 ¥4,300,000

>> 【刀】寛政四年二月日 上野國寿長作(上野) 在故而松田三千助物部守栄銘之同年六月日 >> 【脇差】於因幡師家上野國須河寿長(上野) 寛政三年八月日

toushi0
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
越中守正俊 寛永三年八月吉日 (五畿内) (第22回重要刀剣) 江戸前期 45.0 1.4 0.76 ¥4,300,000

菖蒲造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り刃交じり、賑やか。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り、飛び焼き頻り […]

toushi0
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
脇差 越中守正俊(山城) 寛永三年八月吉日(畿内) 江戸前期 45 1.4 0.76 ¥4,300,000

冠落し造り三ツ棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り刃交じり、賑やか。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り、飛び焼き […]