鑑定書‘保存刀剣’で検索した結果:11 件

1-koshirae
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
備州長船祐定作(備前) 永正十一年二月日 (山陽道) 室町後期 72.3 1.7 0.8 ¥680,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り乱れ映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り飛び焼かかり、足、葉盛んに働く。金筋、砂流 […]

1-shirasaya
種別 時代 長さ 重ね 価格
短刀 俊秀謹作(北海道) 紀元二千六百年八月日 (堀井俊秀) 昭和十五年 22.8 0.6 ¥350,000

平造り三ツ棟 うぶ茎 柾目肌、小板目交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く沸映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて刃縁ほつれる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁に細かな金筋よく絡み、砂流しかかる。匂い口締ま […]

1-koshirae0
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
短刀 無銘(末手掻) (大和)(五畿) 室町後期 23.7 内反り 0.6 ¥290,000

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく練れ綾杉状によく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く白気風の映り立つ。刃紋は細直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口ややフックラと沸、小沸よくつく。刃縁ほつれ二重刃かかり、細かな […]

1-koshirae0
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
脇差 弘光作(松村近江介) (武蔵)(東海道) 江戸末期 39.1 0.2 0.78 ¥280,000

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりやや肌立ち心によく詰む。地沸微塵につき、地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁ほつれ二重刃かかり、小足、葉働く。金筋、砂流し […]

1-koshirae
種別 時代 長さ 重ね 価格
短刀 寿命(美濃)(東山道) 江戸後期 17.4 0.53 ¥200,000

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く白気風の映り立つ。刃紋は互の目乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。匂い足、葉働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴 […]

1-koshirae
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
加賀守貞廣(摂津) 越前住 (五畿) 江戸中期 67 1.3 0.71 ¥430,000

本造り庵棟 僅か磨上 小板目肌、杢交じりやや肌立ちよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気風の映り立つ。刃紋は互の目丁字乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。匂い足、葉よく働き、金筋、砂流 […]

1-koshirae
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
無銘(岩捲) (美濃)(東山道) 室町末期 69 1.7 0.69 ¥380,000

本造り庵棟 磨上茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、地景よく入り淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。匂い足入り葉働く。金筋、砂流しかかり、明るく冴える。 […]

1-koshirae0
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
短刀 信国(豊前)(西海道) 室町中期 26.1 内反り 0.58 ¥220,000

平造り三ツ棟 僅か磨上 板目肌、柾交じりやや肌立ちよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気調の映り立つ。刃紋は細直刃、浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。僅かに小足、葉働き、僅かに金筋、砂流 […]

1-shirasaya
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
傘笠正峯作之(石川) 平成十年八月日 平成十年 73 2.7 0.7 ¥2,800,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じり見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。地鉄精美。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉盛んに働く。金筋、砂流し […]

1-koshirae0
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
無銘(末三原)(備後) (山陽道)(小) 室町後期 48 0.9 0.57 ¥1,250,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、白気風の映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口締まり心小沸よくつく。 喰違い刃交じり、小足、葉働く。細かな金筋刃縁に絡み、砂流 […]

1-koshirae0
種別 時代 長さ 反り 重ね 価格
短刀 藤原重清(越中) 越中住(北陸道) 江戸前期 27.8 内反り 0.55 ¥350,000

平造り庵棟 うぶ茎 柾目肌、板目交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。刃紋は互の目乱れ、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸つく。匂い足入り、葉働く。金筋、砂流しよくかかり明るく冴える。藤島太郎 […]