和泉守兼定 (会津十一代) (陸奥)(東山道)

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
15 短刀 和泉守兼定 (会津十一代) (陸奥)(東山道) 江戸末期 15.4 0.48 保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥950,000

この商品について

平造り庵棟 うぶ茎 柾目肌、小板目交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は中直刃、浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁ほつれ、僅かに小足、葉働く。刃縁に細かな金筋よく絡み、砂流しかかり匂い口沈み心によく冴える。本名は古川清左衛門。始め兼元と切り和泉守を受領して兼定に改める。本工は、新選組の土方歳三の差料でも有名です。焦茶刻塗鞘合口拵(幕末の見事な拵です)付き。(保存刀剣)

販売価格 ¥950,000(税込)