龍泉貞次謹作(愛媛) 昭和丗八年八月日 浩宮様御守刀以余鉄

平造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じり見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁ほつれ細かな小足、葉働く。刃縁に細かな金筋無数に絡み、砂流しかかる。匂い口明るく見事に冴える。高橋金市。月山貞一、貞勝門人。高橋義宗の弟。人間国宝。暗朱塗鞘合口拵付き。(保存刀剣)浩宮様(現天皇陛下)の御守刀の影打ちです。