脇差 一覧

脇差
No.種別時代長さ反り重ね鑑定書価格
17 脇差 無銘(新刀岩捲) (美濃)(東山道) 江戸前期 54.5 1.7 0.67 保存刀剣 ¥160,000
18 脇差 無銘(伝藤島友重) (加賀)(北陸道) 安土桃山 53.1 1.5 0.69 日本刀剣保存会 ¥180,000
19 脇差 無銘(島田) (駿河)(東海道) 安土桃山 34.8 0.5 0.73 保存刀剣 ¥260,000
20 脇差 濃州関住兼里(美濃) (東山道) 江戸中期 45.8 1.6 0.75 特別貴重 ¥280,000
21 脇差 能登守藤原泰幸(尾張) (東海道) 江戸前期 52 1.4 0.73 特別保存刀剣 ¥480,000
22 脇差 畠山十郎源正次(摂津) 文政四年三月日 (五畿) 江戸後期 37.6 0.9 0.61 保存刀剣 ¥550,000
23 脇差 兼友作(美濃) (東山道) 室町後期 38.5 0.4 0.61 特別保存刀剣 ¥580,000
24 脇差 遠州横須賀住一帯子国安(遠江)文化十一年八月日(東海道) 江戸後期 39.3 1 0.65 特別保存刀剣 ¥780,000
25 脇差 越中守藤原高平(加賀) 江戸初期 39.9 0.6 0.71 特別保存刀剣 ¥1,350,000
1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
17 脇差 無銘(新刀岩捲) (美濃)(東山道) 江戸前期 54.5 1.7 0.67 保存刀剣 標準品 白鞘 ¥160,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く白気風の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足入り、葉働き、金筋、砂流しかかり、明るく冴える。濃州清水住。(保存刀剣)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
18 脇差 無銘(伝藤島友重) (加賀)(北陸道) 安土桃山 53.1 1.5 0.69 日本刀剣保存会 標準品 外装 ¥180,000

本造り庵棟 磨上茎。板目肌、杢交りややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵につき、地景よく入り、白気風の映り立つ。刃紋は、湾れに互の目、丁字、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと沸よくつく。湯走り掛、足、葉よく働く。㈮筋、砂流しかかり明るくさえる。黒石目塗鞘脇差拵入り。(刀剣保存会)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
19 脇差 無銘(島田) (駿河)(東海道) 安土桃山 34.8 0.5 0.73 保存刀剣 標準品 白鞘 外装 ¥260,000

平造り庵棟 うぶ茎 柾目肌よく詰み、地沸微塵につく。細かな地景顕われ淡く白気映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。湯走りかかり僅かに小足入り、葉働く。金筋、砂流しよくかかり明るく冴える。黒呂塗鞘脇差拵付き。(保存刀剣)

3 1
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
20 脇差 濃州関住兼里(美濃) (東山道) 江戸中期 45.8 1.6 0.75 特別貴重 標準品 白鞘 外装 ¥280,000

鵜の首造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く白気風の映り立つ。刃紋は中直刃、浅く湾れて刃縁ほつれる。匂い口ややフックラ小沸よくつく。僅かに小足、葉働き、刃縁に細かな金筋絡む。砂流しかかり明るく冴える。美濃赤坂住。千手院清宗派。黒石目塗鞘脇差拵付き。(特別貴重刀剣)

1
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
21 脇差 能登守藤原泰幸(尾張) (東海道) 江戸前期 52 1.4 0.73 特別保存刀剣 優品 白鞘 ¥480,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は大房の互の目乱れ、丁字、尖り状の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足よく入り、葉働く。金筋、砂流し頻りにかかり匂い口明るく冴える。本国美濃、初代。(特別保存刀剣)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
22 脇差 畠山十郎源正次(摂津) 文政四年三月日 (五畿) 江戸後期 37.6 0.9 0.61 保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥550,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌見事に詰み、地沸微塵に厚くつく。細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、丁字交じり涛乱風に乱れる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉働き、金筋、砂流しよくかかり、匂い口明るく冴える。大和介正光の初銘。 水心子正秀門。黒呂塗斜刻鞘脇差拵付き。(保存刀剣)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
24 脇差 遠州横須賀住一帯子国安(遠江)文化十一年八月日(東海道) 江戸後期 39.3 1 0.65 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥780,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、よく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く白気風の映り立つ。刃紋は中直刃、浅く湾れて刃縁ほつれる。匂い深めに沸よくつく。細かな小足入り、葉働く。刃縁に細かな謹筋無数に絡み、砂流しかかり、匂い口明るくよく冴える。水心子正秀門。千代鶴の末裔。茶石目塗鞘脇差拵付き。 (特別保存刀剣)

1 2
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
25 脇差 越中守藤原高平(加賀) 江戸初期 39.9 0.6 0.71 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥1,350,000

平造り三ッ棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉よく働き、金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。初代甚六兼若同人。加賀正宗と称す。(特別保存刀剣)